ジャン・バティスト・ジョゼフ・Fu-!!リエ


プロフィール

おかず丸

Author:おかず丸

どうも、おかず丸と申します。はじめましてになるのでしょうか?この名前は勿論本名でございます。疑いの余地はございません。小学校、中学校の時はこの名前のせいで、愚民どもに少なからずいじめられ、両親に向かってなんて名前をつけたんだと、罵ったこともございましたが、今はこの名前を気に入っています。

って、誰が本名おかず丸やねん。



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


くびれが奏でるメロディーさ
夏が終わりを告げると同時に、教授たちは.pptをせっせと作り始めた。今年も秋場所が大学で幕開けである。

今場所以前の自分が頑張りストだったおかげで、あまり授業をとらなくてよい。教授らによるレポート張り手に座布団を投げる必要もなくなった。(久しく書く日記で理解し難い比喩を許していただきたい)

というわけで、一人ブロードバンドの海へなんてこともしばしばなのだが、どうも家の前が袋小路になっている為か、近所の子供が集まって騒ぐことが多い。しかし特に迷惑なわけではなく、むしろ夕暮れ時の子供の声は、魚と白ワインのように相互作用して趣き深い。

その時、ふいに「ガシャン!」と音がした。もしかして、自分のバイクを子供達がこかしたのではないかと不安になり、走り出し、外を見た。すると、子供は何もなかったように鬼ごっこをしていて、バイクもこけていなかった。その時初めて知ったのだが、斜め前の家が立て替えるらしく、音の正体は家を壊す音だった。


※僕はまたネットの海へ飛び出した。子供が駆け回る臨場感は失われず、デジタルサウンドもそれをかき消さない。また、不規則に「ガシャン!」と大きな音がなる。わかっている。あれは斜め前の家の音だ。子供達がバイクを倒したわけではない。自分で自分を言い聞かせる。また不安を募らせるように「ガシャン!」と大きな音。わかってはいるが、確認しないではいられず、走って外を見ると、そこにはやはり、走り回る子供と、家を壊す業者と、動かないバイク。



(※ 繰り返し)


スポンサーサイト

もう、マサコには頼らない、夏 ①
もうこれ以上、母親をネタにするのは流石に道徳に外れると思い、普通の日記を書くことにする。



友人二人と車に乗り、途中越え、鯖街道をひた走り、小浜を目指す。京都市から日本海に出るのは近いようで遠い。江戸時代に、海から遠い京都に最短距離で、新鮮な魚を届ける為開かれたこの鯖街道。そんな歴史を感じ、いつしか自分なりの鯖街道を見つけたいと思い浸ること2時間、ようやく僕らは小浜に到着した。

今回の目的は一つ。「日没までにとった海の幸を食べる」早速水着に着替え、シュノーケルとフィンとモリを身につけ海に飛び込む。幸先良く、一投目でふぐを捕まえるも、二投目からは魚にかすりもしない。どうやら夏の魚の機動力を甘んじていたようで、どう考えてもモリの初速よりも早く泳ぐ魚達。中にはこっちを向いて挑発する魚が現れる始末。

しかし、一種類だけこちらに分がありそうな魚を発見する。30cmほどの魚で、産卵をしているためか、白い霧を出しながら低速で泳いでいる。こいつを一人一匹ずつとれば、恐らく帰りにマクドナルドに寄る手間も省けるだろうと確信し、放たれたモリ。弾かれる矢先。これは、どう考えても、とれない。

このままでは、炭に火をつけるまでもなくマクドナルド行きであることは目に見えていたので、釣りにスイッチすることにした。釣りといっても、小鯵を狙ったものである。最初は小鯵や、キス、カワハギ、小さな真鯛などが取れていたのだが、段々ブルーギルのような汚らしい魚に代わっていった。良く見ると、水中で挑発していた魚である。それから次々と餌だけをとられるようになり、とうとう魚がとれなくなった。

このままでは、猫の額ほども腹が膨れないだろうと途方にくれていた最中、一人が口を開いた。

「あのさ、橋にへばりついてる貝、食べへん?」

他の二人は少し反対した。なぜならば、少し貝殻がグロテスクだったからだ。しかし僕はくらげに刺され、もう一人の友人も疲れ気味だったので、大した反対もせず、彼にナイフを授けて一つとってもらうことにした。少林寺をやっている彼が、全ての背筋を使ってとった貝を木屋町で魚をさばいているもう一人の友人が開けて見てみると、どうも牡蠣のような形をしていた。それを知った彼はまるでとりつかれたようにその貝をとりはじめた。橋に引っ付く貝と力勝負でどんどんとり続ける友人と、それを陸から三角座りで見つめる二人。その光景は日が暮れるまで続いた。

結局それは岩牡蠣だった。しかも、天然でとれたての牡蠣は絶対にあたらないのだと、現地のおばちゃんが教えてくれた。牡蠣の口をナイフでこじ開け続けた友人に感謝する三角座りの二人。そして僕らは炭を囲み、「海のミルク」の本当の意味を知った。

生で食べる岩牡蠣は本当に美味しかった。友人がとったあとの貝柱に群がった蟹たちもそれを物語っていた。きっと牡蠣たちは自分たちの美味しさを知っててあの頑丈な2枚の貝殻をつけたんだと思う。そしてその2枚の貝殻の中には、プリプリとした極上のうまみが凝縮されていた。


それは、帰りに食べたピタマックにしても然り。



高須クリニックは神とともに
今回の考査はほどよく仕上がり、うまく単位に変換できたのではないだろうか。そして僕は半年という時間を共にした筆箱に休暇を告げた。文字通り筆休めである。そしてとうとう夏休みに突入した僕は、あることについて考えていた。

以前にも申し上げたことがあるとおり、「アウト送信グ」の最終目的地は「日記の神様」である。この「南極の民主主義化」と双をなすような偉大な目標は、ゴールが遠すぎるという点以外に、大きな問題点を抱えていた。

っつか、「神」って何?

そう、(多くの日本人がそうであるように)無宗教である僕は、「神」に対して深く考察する機会を持たない。行き先の持たない郵便物を公務員がつき返すように、ゴールの見えない目標に努力は意味をなさない。というわけで、世界のビリオンセラー、聖書を読み始めることにした。

ネットで拾い読みしたところ、この書物は神について非常に多く語られているという印象を受けた。その真偽はともかくとして、これが恐らく一番ポピュラーとも言うべき「神」を物語っているはずである。これを読み、人々が描く「神」をしっかりとイメージすることが出来たとき、僕のゴールへの足場が確実に固まることであろう。そして残すは道なりだけとなる(これが長い!)

この長旅は完走したとき、キリスト教は聖書と人々の心に刻まれている「一神教」のコトバを「ニ神教」に変換せざるを得なくなるだろう。そして聖書の目次には、もう一つの福音書「アウト送信グ」が加えられることになる(位置取り的には、「出エジプト記」の次らへん)。そうなってしまった場合には、私おかず丸はどうしてもイエス・キリストと肩を並べてしまうこととなってしまうが、これは致し方ないことである。それはどう考えても、「預言者」なのだから…


そして、聖母マサコの誕生である。




更年期探偵 マサコ3
この物語はフィクションです。事実、実在上の団体、おかんとは関係ありません。しかも昔書いたリメイクです。

マサコ「犯人は、真寺さん。貴方です。」

マサコは1人の男性を指差して、自信気に言い下した。今回は、前回の経験を生かして、人差し指が曲がっていることも考慮して。



マサコが今回目を付けた先は、無人島だった。自給自足…その言葉がマサコをインスパイアし、その言葉を聞くだけでマサコの頬は湯上り卵肌。意気揚々とオオマエさんを誘うも、「ナタデココのない生活なんて無理。考えられない」と江戸の激昂サムライのようにバッサリ切り捨てられてしまった為今回は1人、“無人島7泊8日ツアー”に参加したのであった。

ここでもまた、マサコは殺人に出くわしたのであった。しかも今回は1人ではない、連続殺人である。1人、また1人姿を消してゆき、1人、また1人腹を抱えたまま冷たくなるガイシャが発見された。

マサコは、自分の今までの記憶を洗い出し、自分が犯人ではないと確認すると、その強い使命感(好奇心)から、推理に乗り出した。しかし、ここは無人島。GPS携帯を持つような敏腕キャリアもいないため、日程が終わるまで船はきそうもない。もし、犯人がわかったとしても、その時点で言うべきなのか。そのまま警察が連れて行くわけでもない。マサコがそう悩んでいるうちにも、腹を抱えたまま冷たくなるガイシャは増えていくのだった。



真寺「…なにを言っているんですか。何故私なのか、その理由を教えて頂きましょう。」

男が重い口を開いた。それに対して、マサコはこう切りかえした。

マサコ「だって、この島にはもう私と貴方しかいないでしょう。」

そう、マサコが言うべきか否か悩んでいるうちに、ツアー客はもうマサコと真寺を除き、全員がお腹を抱えて冷たくなっていたのだ。

真寺「…さすが、名探偵だ。皆、僕のこのホクロから出ている毛を見て笑ったんだ。僕はそれが嫌で、切り落としたかったんだが、如何せんここは無人島だ。ハサミやかみそりなんてありゃしない。それで、ついカッとなって…頭突きをしたんだ。そしたら、皆あっけないくらい腹を抱えて冷たくなって。よく考えたら、僕は昔、サッカーをやっていたんですよ。ヘディングが得意でね。こんなことしたら、レッドカードですね。」


マサコ「成る程、真寺ッツィってわけですね。」

真寺「ははは、あれはジダンがしたんですよ。」


明かりもない夜空の元、二人の笑い声が鳴り響いた。この笑い声が消える頃、私も頭突きされて冷たくなり、真寺さんは神様から退場をくらって本当の無人島になる。そんな考えがマサコの頭をよぎった。

更年期探偵 マサコ2
注意:この物語はフィクションです。実在上の団体、人物、母親とは一切関係ありません。

マサコは、PTAつながりのオオマエさんと連休を利用して、とある山荘に来ていた。次の日の早朝、山頂から初日の出を見るプランだったのだが、不幸にも、殺人事件と遭遇してしまったのだった。

山荘は山の8合目。そのマサコとオオマエさんを含めた7人以外には黒は考えられない。そう考えたマサコは、自分の記憶を丁寧に洗い出し、自分が犯人ではないと強く再確認すると、強い使命感からか、はたまた強い好奇心からか、警察の調査にずかずかと土足で踏み込んだ。「ちょっとあんた、首突っ込みすぎやで!」というオオマエさんの足元にも、アシックスの登山靴が足跡を残していた。

「ええやん、ええやん」「誰にもいわへんから」と警察から盗み聞いた情報と、持ち前の推理力を合わせ、マサコは地元警察を出し抜き、なぞを全て明るみにした。マサコはオオマエさんを使って、ツアー客と警察を全員一つの部屋に集めさせた。



マサコは殺人に使ったトリックを全て細かに皆の前で説明した。オオマエさんはおろか、警察、その他のツアー客も彼女の推理力に驚きを隠せなかった。説明しながら、マサコは皆のリアクションを、食わず嫌い選手権のように丁寧に観察していった。自分が考えていた人に、間違いない。そう確信したマサコは、1人の人を指差して、こう言った。


マサコ「犯人は、あなたです。」

あるものを除いた全員がどよめいた。その1人とは勿論、マサコの左手人差し指の延長上にいたものであった。


犯人「よくわかりましたね。」

マサコ「え!?あ、うん、まあまあね。」

犯人「どうして僕だってわかったんですか?」

マサコ「ん、ああ、それはあれやん、君しかおらんやん」

犯人「なるほど、名探偵の前では、何もかもお見通しってわけだ。僕は、彼女を僕から奪い取ってなお、へらへら僕につるんでくるあいつが許せなかったんですよ。」

マサコ「やっぱ、そんな感じやとは思ってたけどね、そうやろなとは」

犯人「動機までお見通しだなんて。僕の一番の失敗は、どうやら貴方がいたことだったようだ。でも、よく考えてみると、貴方がいなければ僕は一生罪悪感を抱いたまま生きていくところだった。ありがとうございました、更年期探偵さん」


そういうと犯人は、自ら両手を警察に突き出し、そこには銀色の拘束がかけられた。途端けたたましいサイレンが鳴り響き、皆それが見えなくなるのを見送った。それを見届けながらマサコが発した、

マサコ「あの人やったんや…」

という言葉を、オオマエさんは聞き逃さなかった。


マサコの左手人差し指は、猫のトイレのためにカッターで新聞紙を切っていたとき切断したのをきっかけに、少し内側に曲がっていた。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。