FC2ブログ




ジャン・バティスト・ジョゼフ・Fu-!!リエ


プロフィール

おかず丸

Author:おかず丸

どうも、おかず丸と申します。はじめましてになるのでしょうか?この名前は勿論本名でございます。疑いの余地はございません。小学校、中学校の時はこの名前のせいで、愚民どもに少なからずいじめられ、両親に向かってなんて名前をつけたんだと、罵ったこともございましたが、今はこの名前を気に入っています。

って、誰が本名おかず丸やねん。



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



4.殺し屋に「死に方くらい選ばせてやるよ」と言われた。(後編)
それから、男(以下、ピット)と殺し屋(以下、ジョリー)の不思議な共同生活が始まった。

ピットはやはり、自分の家に彼女でもない女性を住まわせることに不道徳を感じていた。しかし、ジョリーは、

ジョリー「私のことは全然気にしないでいいわよ。私がいなかったときのことを思い出して、それと同じように生活すればいいの。仮眠とか入浴、食事とかもね。その代わり、歯磨きだけは駄目よ。」

ピットははじめどうしても戸惑ってしまったが、次第に自分の生活を元の戻していった。


三ヶ月を過ぎた頃、二人に異変が起きた。ピットはジョリーを生活の一部に取り込むようになり、ジョリーもそれを受け入れていった。神は男と女が惹きあうようにプログラミングし、二人もその例外とはならなかったのだった。そしてお互いがそれに気づき始めたころ、二人は遂に熱い口付けを交わしたのであった。

ジョリー「私は今まで、殺し屋として生きてきたから、こうして恋に落ちたことなんてなかったわ。だって、会う人会う人皆死んでいくんだもの。でも、ファーストキスがレモンの味っていうけど、あれは嘘ね。」

ピット「へぇ?どんな味がしたんだい?」

ジョリー「嘔吐物の味よ。」



二人はとても幸せな家庭を気づき始めた。ダブルベット、ペアルック、そしておそろいのマグカップが、二人の生活を彩っていった(しかし、洗面所の歯ブラシだけは一本だった)。

そして、二人が出会って10年の月日が経過した頃、遂にジョリーのお腹には二人の子供が宿った。その頃既に、ジョリーは殺し屋を引退し、ピットは社会的な地位を確立していた。しかし、ピットの口内では確実に歯槽膿漏が進行していて、社内ではピットは筆談でしか部下達とコミュニケーションができなくなってしまっていた。


ジョリーが身篭ってから10月が経った頃、二人に悲劇が起こった。遂に、ピットが倒れてしまったのであった。

医者「残念ですが、我々にはもうご主人を助けることはできません。虫歯菌が骨髄にまで進行してしまっていて、現代の医学ではもうどうすることもできないのです。」

ジョリー「そんな!先生どうか見捨てないで下さい。何か方法はないんですか!もうすぐ二人の子供が生まれるんです!」

医者「可能性は低いですが…今からでも遅くないかもしれません。歯を磨いてあげてください。それしかありません。」


ジョリー「それ以外は?」

医者「はぁ?」

ジョリー「それ以外はないんですか先生!それ以外ならなんでもします!だからどうか主人を!そうだ、私の骨髄を…うぅ、いたたたた…」

医者「どうしました奥さん?いけない、陣痛が始まっている!すぐに産婦人科に連絡だ!」


ジョリーはすぐに産婦人科に運ばれた。その連絡はすぐにピットにも伝わった。医者は、彼女がピットのためならなんでもすると言っていたことも、彼に伝えた(勿論、歯磨きを断ったことも)。彼は、

ピット「死に方ぐらい、選ばせてくれよ…」

そう言って、静かに息を引き取った。



その数時間後、50センチ、3500グラムの元気な濡れおかきが産声をあげた。
スポンサーサイト




4.殺し屋に「死に方くらい選ばせてやるよ」と言われた。
ブログに移行してからのひとつ目の書き込み。このバトンはどうも14個あるらしい。



ひと気のない裏道に入ったのが男の運の尽き、男は急に拳銃を頭に突きつけられ、身動きを封じられた。

男「なんで俺なんだ?」

殺し屋「知らないわ。依頼されたからよ。」

男は、殺し屋が女であることに驚きながらも、必死で自分が恨みを買ったことがないか考えていた。しかし、小学校の時に友達の上履きの中に濡れおかきを入れた過去を除けば、男はまるで心当たりがなかった。

殺し屋「友達の上履きに濡れおかきなんか入れるからよ。」

男「!」

男は思った。それが濡れおかきじゃなくて、普通のおかきだったらどれだけ彼の苦痛が和らいだだろう。どれだけ彼のお気に入りの靴下の醤油臭が和らいだであろう。ああ神様、もしも生まれ変わったら、僕を濡れおかきにして下さい。この罪を踏まれることで洗い流して下さい、と。

男が黙っていると、殺し屋が口を開いた。

殺し屋「でも、私は貴方を殺すように言われただけ。死に方ぐらい選ばしてあげるわ」

男は考えた。自分が濡れおかきに生まれ変われる保証なんてどこにもない。それならば、できるだけ今の自分を楽しみたい、と。できるだけ長く生きられる答えを思い浮かべているうちに、ひとつの結論に結びついた。

男「歯槽膿漏…」

殺し屋「はぁ?」

当然の反応だった。しまった、絶対頭を撃ち落されると男は悟った。しかし、殺し屋から帰ってきた答えは予想を反するものだった。

殺し屋「わかったわ、約束だものね。その代わり、私が貴方の生活をずっと見張る。歯磨きやリステリンをしないように、ね?」

男「ありがとう」

男はなんとか生き延びることができたと感じた。しかし、これは世にも切ないラブストーリーの始まりであった。

続く。





3.引き出しからドラえもんが出て来た。

  3.引き出しからドラえもんが出て来た。

友達からもらったバトンの第三弾である。

余談であるが、僕は高校の文化祭でドラえもんの劇をやったことがある。題名は「ドラえも
んとのび太の球技大会~少林寺で痩せよう~」だったと記憶している。文化祭の委員会に提
出する時点ではサブタイトルにもあるように少林寺もあったのだが、本番一週間前に奇跡の
大どんでん返しがあり、台本が骨組みを残して全て変わった為、結局少林寺は劇からは一番
遠い存在となってしまったのであるが、笑いもわりととることが出来て大成功であった。そ
れにも関わらず、僕らが文化祭でとった賞は、ポスター賞だけであった。僕が日本の体制に
異議を唱え始めたのはこの頃からと記憶している。



久しぶりに爪を切ろうと思い、引き出しを開けると、青い球面のみが引き出しの底いっぱい
に広がっていた。その青い球面は引き出しの奥からこっちに向かってガシガシと追突してき
ている。僕が怪訝な顔でその非現実的な力学現象を見ていると、その青い球面はこっちに気
づいたらしく、こう言った。

「僕、ドラえもん!」

僕は理解した。その青い球面はドラえもんの頭部だったのだ。ドラえもんの頭部は129.3cm
であるということを踏まえれば、その球面の直径はおよそ41.2cmである。僕の家にはそれ
がすっぽり入るような引き出しはなく、文字通り頭をのぞかしていたのである。しかし、こ
の引き出しからドラえもんが出てきたということは、その引き出しに入っていた、爪きり、十
得ナイフ、ゲームボーイアドバンスまでもが四次元の彼方へと葬り去られたわけである。

そのドラえもんの道徳をわきまえない言動に憤りを感じた僕は、その青い球面をガシガシと
蹴り始めた。落ちそうになったドラえもんは、手である白い球体を引き出しの淵にやり、今
にも落ちそうな状態で、もはやクリフハンガーである。僕は蹴るのをやめ、タバコに火をつ
け、その火で白い球体に根性焼きをし始めた。するとドラえもんはこう言った。

「あれでもない!これでもない!」

どうやらドラえもんはこの状況を打破できる道具を探しているらしい。動揺したドラえもん
が、目当て以外の道具をほとんど四次元へと捨てていっているの目に浮かぶ。そうしている
うちにも僕の道具はタバコからロウソクへと変わり、ドラえもんの手は既にロウで球体では
なくなっている。



途中、僕はただロウを垂らすことでは鬱憤をはらせず、ドラえもんの手というキャンバスに
ロウという筆でアートを作ろうと思い立ち、作品No.1「凱旋門」を完成させた。しかし、や
はりロウを垂らすことで芸術を表現するのは至難の業で、どうも微細な部分を上手く描けな
い。微細な部分を表現しようとすれば、どうしても凱旋門の体積を大きくしなければならな
い。ああでもない、こうでもないと思っている最中、ドラえもんの方に動きがあった。

「あった!スモールライト~!」

どうやらドラえもんは、自分を小さくして引き出しから出ることを考えたらしい。スモール
ライト以外の道具を全て四次元空間にほっぽりだしておいて、元に戻れるのかという疑問は
雀の涙ほども持たず、自分にビームを浴びせるドラえもん。次第に小さくなるドラえもんと、
その手の上にある凱旋門。

これだ!


2.歩いていたらサインを求められた。
さて、バトンの二つ目である。

まず、補足説明であるが高校二年生までは角度というのは90°とか180°だとか円一周を
360に分割した単位で習わされるが、高校三年生から理系に進むと円一周を2πで割ったも
のが単位となる。これをラジアン単位という。こう考えてみると、この問題は簡単に見えて、
相当厄介な問題である。まず、相手の性別によって場合わけする必要がある。


①相手が男性の場合
まず相手が男性の場合は明らかに0パイなので、サインも0である。乳首があるのに0πだと
考えていいのかという方がいらっしゃるかもしれないが、これは高校の範囲というよりも数学
の範囲を超えてしまっているので、深く考えずに覚えてしまったほうが得策です。

男性は乳首があっても0パイ


②相手が女性の場合
ここでよく間違う人がいるのですが、相手にカップ数を聞いてはいけません。AカップとIカ
ップを同じ2パイにするのが納得できない人がどうも多いようです。しかしこう考えてみると、
きっと納得できると思います。その女の人が何カップであれ、その伴侶である男性にとっては
それは立派な2パイであるからです。もしかしたら、それは2を超えたもっと大きな意味を持
つかもしれません。これでもまだ納得いかない人は、こう考えてみてください。その女の人が
何カップであれ、それをたずねることは立派な犯罪です。よって、この場合もサインは0です。

女性は何カップであっても2パイ


③相手がオカマの場合
この場合、ミスよりももっと気をつけて欲しいことがあります。まず、相手が豊胸手術を施さ
れているかを聞かなければならないのですが、その場合決して相手と目を合わせてはなりませ
ん。もし貴方もその気があるのであれば全く問題はありませんが、その気でない場合夜という
深海に引きずりこまれる可能性があります。ここで、相手が豊胸手術をしている場合もそうで
ない場合もサインは0ですが、もしかしたら片方だけ施している場合もあるので、勇気を出し
てたずねましょう(ちなみにこの場合もサインは0です)。


④相手がもはや人間でもない場合
乳房の数は動物によって多種多様ですので、ここは遠慮せずに見せてもらいましょう。オスの
場合は明らかに0ですが、メスの場合は慎重に何パイか数えてください。ここではnパイとし
ます。ここで、サイン関数はパイの整数倍であると0である性質があるので、ここでもサイン
は0です。


全部0。


1.理想の女(男)が記憶喪失で落ちている。
さて、これが友達から回ってきたバトンの序章である。

まず自分の理想をはっきりと固めておかなくてはなるまい。まず年齢は少し上がいいので35歳
といったところであろうか。しかし肌年齢は15歳という、自分と自分の年齢差20歳という
女性が理想である。この年齢でこんなに綺麗だったら、昔はどんなに綺麗だったんだろうと思
えるような方に引かれる傾向がある。彼女が20歳の時は肌年齢0歳で文字通り赤ちゃんのよ
うなプル肌であったに違いない。そして、その19歳までは無菌状態で育ったであろう彼女が
道端に記憶喪失で落ちている。ここでどの程度記憶を失っているかという疑問がわきたつが、
僕が何度もパソコンをリカバリーしてきたように、彼女は全く記憶がないという状態を想定す
る。あるのは、マイコンピュータのみ。

そうしたら僕はとりあえず、彼女を家につれて帰るだろう。そして僕は大皿にミルクをひたひ
たに入れて彼女に差し出す。ここ数日何も口にしていなかったであろう彼女は無我夢中でその
ミルクにかぶりつく。そしてやはり、有識な女性の方が僕の好みであるので、次の日からひら
がな、カタカナ、漢字、四則演算、理科、加えて社会を教え始める。はじめはやはり言葉が通
じないので何を教えても身につくことはなかったが、やがて色々なものに興味を持ち始め、指
数関数的に知識をつけていく。

小学校の課程が終わると、次は中学校、その次は高校の課程となるわけであるが、ここで性教
育を導入する。この性教育は大方日本人が習うものとはかけ離れた、僕が彼女を家で育て始め
たときから積み上げたストーリーである。世界にもう男子は自分ひとりしかいない、ここで自
分が子供を生まなければこの地球で人間という種が途絶えてしまう等の教育を彼女に叩き込む。
彼女を自分のものにするためである。そして、自分の家にきてから18年が過ぎた彼女は漸く
自分の気持ちに正直になるのであった。

そのとき、齢53歳。